将来性で選ぶ

少しでも廃業の可能性が低いお店を選ぼう

結婚

結婚指輪は、基本的には数十年と長期間に渡って身につけることになるものです。その間には、太ることも痩せることもあるでしょう。多少の体重の増減は誰にでもあるので、あまり気にする必要はありません。しかし、10kg以上太ったり痩せたりすると、結婚指輪のサイズが合わなくなることが多いです。その場合、結婚指輪を調整しなくてはいけません。 調整をしてもらう場合、基本的には結婚指輪を買ったお店に持っていくでしょう。しかし、何年か経っていればお店が廃業している可能性もあります。結婚指輪を買ったお店が無くなっていると悲しいものです。 ですから、お店選びは注意しなくてはいけません。少しでも廃業の可能性が低いお店を選びましょう。

結婚指輪の交換をしなくても

結婚式では、結婚指輪の交換が最も盛り上がるシーンと言われています。結婚指輪の交換と言うと、教会で挙式するときだけ行うものと思っている人が多いです。しかし、神前式でも指輪の交換は当たり前のように行われています。 そもそも、この指輪交換は宗教的な意味合いは無いと言われており、必ず行わなければいけないと言うものではないのです。当然、指輪の交換をしない場合、結婚が認めてもらえないと言うわけでもありません。 神前式で指輪の交換をするのはおかしい、教会で挙式するときのみ行う儀式だと言う人がいますが、そうではないと言うことです。ただ、神前式ではリングピローは神前式に合わせて、和風にすることが常識となっています。